2018年7月30日(月)

帰宅女性の口ふさぎ脅迫「声出せば催涙スプレー」…わいせつ未遂 容疑の男逮捕 防犯カメラから浮上/県警

飯能署=飯能市双柳

 県警捜査1課と狭山、飯能署は30日、強制わいせつ未遂の疑いで、飯能市征矢町、飲食店経営の男(36)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月2日午後11時45分ごろ、入間市内の路上で、歩いて帰宅途中の10代女性に背後から抱き付いて口をふさぎ、「声を出したら催涙スプレーをかけるぞ」と脅迫、わいせつな行為をしようとした疑い。

 同課によると、女性は隙を見て逃走し、けがはなかった。付近の防犯カメラの捜査などから男の関与が浮上。自宅からは催涙スプレーが見つかったという。

 女性と面識はなく、男は「性欲を満たすためにやった」と供述しているという。県警は余罪を調べている。

購読申し込み 携帯サイト