2018年5月20日(日)

特製うなぎ弁当に舌鼓、稚魚の不漁で価格高騰も大人気 浦和名物のうなぎ、さいたまでPRイベント

ウナギのつかみ取りに挑戦する子どもたち=19日午前、さいたま市浦和区
来場者の前で、ウナギの調理を実演する職人=19日午前、さいたま市浦和区

 浦和名物のうなぎをPRするイベント「第17回浦和うなぎまつり」(同実行委員会主催)が19日、さいたま市浦和区の県庁南側駐車場で開かれた。ウナギの稚魚シラスウナギの不漁で仕入れ価格は高騰しているものの、人気ぶりは健在。大勢の来場者でにぎわい、特製のうなぎ弁当に舌鼓を打ったり、ウナギのつかみ取りをして楽しんだ。

 江戸時代の浦和周辺には湿地や水辺が多く、取れたウナギを中山道の宿場を訪れる旅人に出していたという。その後、都市化が進みウナギは取れなくなったが、各店舗で工夫を凝らした料理が人気を博し、名物として定着した。

 恒例のうなぎ弁当は、シラスウナギの不漁で昨年より500円値上がりし、2千円で販売された。並ばなくても買えるよう、今回から千食を事前販売。ほかに当日分として2千食を用意した。

 毎年、楽しみにしているという浦和区の小山千代子さん(92)は夫婦で予約分を含めて7食購入。「浦和のうなぎは軟らかくておいしい。昨年より高くなったけど、今日は特別な日だから」。家族のために4食購入した地元の公務員男性(63)も「ウナギが置かれている状況を考えると、これくらいの値上げは仕方ないのでは」と理解を示した。

 水槽に入ったウナギのつかみ取りは、子どもたちに大人気。妹と一緒に初めて体験した見沼区の小学3年、斎藤寛生君(8)は粘液まみれの手を見せ、「7匹も捕まえたよ。ぬるぬるして、ちょっと温かかった」とにっこり。

 会場では、市内のうなぎ料理店12店でつくる「協同組合浦和のうなぎを育てる会」がウナギの調理実演を実施。ウナギを割いて串を打ち、炭火で焼く様子を披露した。市とウナギを通じて交流している浜松市や茨城県古河市などの団体も出展し、ウナギ料理や名産品を販売した。

 同会の大森好治代表理事は「出足は少し悪いように感じたが、例年通り盛り上がって良かった。ウナギが貴重な資源であることも広めていきたい」と話していた。

購読申し込み 携帯サイト