2018年5月10日(木)

東上線和光市駅に直結、東武鉄道がホテルと商業施設一体のビル建設 20年開業へ、利便性高め需要取り込み

東武鉄道が20年春に開設する和光市駅南口に直結し、商業施設とホテルの複合商業施設の完成予定図(東武鉄道提供)

 東武鉄道は9日、東上線和光市駅南口に駅直結で商業施設とホテルが一体となった複合商業施設ビルを建設すると発表した。東武グループが駅直結でこのような複合建物を建設するのは初。

 同駅は東上線で屈指の乗降客を誇るほか、和光市内には大手自動車メーカーの拠点もあり、需要を見込めることから、開設を決めた。開業は2020年春を予定している。

 ビルは鉄骨造り地上7階、地下1階建て、延べ床面積は約1万2471平方メートル。地上1〜3階には商業施設、同4〜7階はホテルが入る予定。

 商業施設は、店舗数約40店舗を予定し、運営母体は今後決める。店舗は食料品、ファッション、雑貨、飲食など日常の買い物を意識して誘致する。近隣住民や駅乗降客の利便性を高める。併せて現在、駅構内にある既存店舗の増床など、周辺エリアを一体的に開発する。

 ホテルは、東武鉄道系のホテル会社「東武ホテルマネジメント」が運営する。客室は158室を予定。市内にある企業のビジネス需要、都心部へのレジャー需要の取り込みを狙う。

 和光市のホームページによると、18年4月の人口は8万1千人で、13年4月と比べ3千人増加している。今後も増加が見込まれている。

 東武鉄道によると、16年度の和光市駅の1日平均乗降客は約17万2千人で、東上線沿線では池袋駅に次いで2番目に多い。池袋駅までは最短12分と都心へのアクセスにも優れる。

 市内には本田技研工業の拠点や理化学研究所などがあり、市内に訪れる出張者も多い。東武鉄道は商業、宿泊双方で需要が高いと見込み、開設を決めた。

 同社は「複合施設開設が、今後も人口の増加が見込める和光市の活性化や、東上線利用客や沿線住民の利便性向上の一助につながるよう、善処したい」と話している。

購読申し込み 携帯サイト