2018年1月23日(火)

食用バラをさらにアピール、深谷の栽培業者が事業拡大へ 日本公庫、農業分野で県内初の資本性ローン適用

食用バラを手にする田中綾華さん(提供)

 食用バラ栽培・加工を手掛ける「ROSE LABO(ローズラボ)」(深谷市)がこのほど、日本政策金融公庫(日本公庫)熊谷支店から2千万円の融資を受けた。新たな商品開発や設備投資に取り組み、事業を拡大している。融資は農業分野では県内初となる資本性ローン「挑戦支援資本強化特例制度」が適用された。経営者の田中綾華さん(24)は「今回の融資を受け、事業規模の拡大へと道が広がった。皆さまの健康や美容のお役に立てるよう、全力で取り組みたい」と意欲を見せる。

購読申し込み 携帯サイト