2017年11月22日(水)

固定資産税で過大徴収、会社事務所の家屋を高い評価額で課税 加須市、還付金など1239万円振り込む

 加須市は22日、会社事務所の家屋の固定資産税で、課税ミスがあり、過大徴収を行っていたと発表した。市は10月末までに、2007年度から17年度まで10年間の還付金・還付加算金約1239万円を振り込んだ。

 対象家屋は、1994年建築の鉄骨鉄筋コンクリート造り(一部鉄骨造り)で、床面積約3万平方メートル。誤りの内容は、当該家屋について、耐火被覆の施工されていない鉄骨鉄筋コンクリート造りの部分を耐火被覆ありの高い評価額で課税していたという。

購読申し込み 携帯サイト