2017年9月29日(金)

3歳男児、バス車内に5時間放置…さいたまの幼稚園、体調に問題なし 最高気温30度「降車は確認せず」

園児が送迎バス内に約5時間放置される事故があった私立東武リズム幼稚園=29日午後4時半ごろ、さいたま市岩槻区釣上新田

 さいたま市岩槻区釣上新田の私立「東武リズム幼稚園」で今月11日、運行を終えた同園送迎バス車内に、3歳男児1人が約5時間放置されていたことが29日、関係者への取材で分かった。男児は健康や体調に大きな問題はなかったが、園側は「乗車していた園児を全員降車させたか確認しなかった」と話しているという。

 園側が保護者向けに作成した報告書や関係者によると、バスは11日、最初の運行が終わった午前9時半ごろ、駐車場に回送。男児は何らかの原因で、そのまま車内に取り残されたとみられる。発見されたのは、再び運行を開始する午後2時半ごろ。水分補給や食事を取らせた後、病院に向かった。バスは扉が閉まっており、男児が開けられない状態になっていた。

 熊谷地方気象台によると、11日のさいたま市内の最高気温は30度だった。

 園は保護者宛ての文書で「本件については決してあってはならない重大な事案。被害を被ったお子様とそのご家族に心よりお詫び申し上げます」と謝罪するとともに、再発防止策を報告。埼玉新聞の取材に対し「今やっと落ち着いて保護者への手紙が出せるようになったところ。保護者への対処が終わっていない段階で話せることはない」としている。保護者会を開くことも検討しているという。

 県は29日、今回の事故を受け、県内にある私立の幼稚園、小中高校、専修学校、各種学校に対し、バスの安全確保について依頼する通知文書を送付。バスの運行に当たって園児のほか、障害やけがのためにバスの乗降にサポートが必要な児童生徒に対しては確実に乗降確認を行い、安全確保と事故防止に万全を期すように呼び掛けた。

 また、さいたま市内で同日行われた幼稚園の園長や事務長が集まる研修会で、担当者が口頭で今回の事例を報告し、安全確保を周知した。

 県内では7月、上尾市の障害者施設で、利用者の男性が送迎車内に約6時間放置され、熱中症とみられる症状で死亡する事故があった。職員が男性の所在確認を怠ったことが事故につながったとみられている。

購読申し込み 携帯サイト