2017年8月31日(木)

妻の首つり自殺を手助け、容疑で73歳の夫逮捕…妻の足元の座布団ずらす 「病気を苦に」とメモ/川口署

 自宅で妻の自殺を手助けしたとして、川口署は31日までに、自殺ほう助の疑いで、川口市新井町、無職の夫(73)を逮捕、さいたま地検に送検した。

 逮捕、送検容疑は30日午前1時50分ごろ、自宅寝室で、延長コードを使って首つり自殺を図った妻(66)の足元の座布団をずらし、ほう助した疑い。

 同署によると、夫は30日午前3時40分ごろ、「妻が寝室で首をつっている」と110番。署員が駆け付けたところ、妻は既に死亡していた。夫は妻と2人暮らし。室内からは病気を苦に自殺をほのめかすメモが見つかっており、「早く楽にさせてあげたかった」と供述しているという。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み