2017年7月13日(木)

新たに不正700万円か 政活費545万円不正受給で辞職の沢田氏

沢田力氏

 領収書を偽造して政務活動費(政活費)計約545万円を不正受給したとして県議を辞職した沢田力氏(49)=さいたま市大宮区=が、自身の県政活動を伝えるリポートなどの発行製作にかかった広報費として領収書を偽造し、新たに政活費約700万円を不正受給していた疑いが強まったとして、自民党県議団(小島信昭団長)が沢田氏に返還を求める方針を固めたことが13日、分かった。

 県議団によると、これまで沢田氏に支出した政活費を調査している中で、新たに不正受給した疑いのある領収書が見つかった。沢田氏は自民党県議団に所属していた2011〜15年度、都内の印刷会社に計11回の県政リポートの製作を発注したとして、計約900万円の政活費を受給。県議団が都内の印刷会社に事実確認したところ、そのうち8回については受注しておらず、領収書を発行していないことが分かったという。

 県議団幹部は「沢田氏に事実確認を求めている」と話している。

購読申し込み 携帯サイト