2017年6月14日(水)

<朝霞少女誘拐>責任能力争う姿勢「私に集団ストーカーなければ」

 朝霞市の少女(16)が昨年3月に約2年ぶりに保護された誘拐事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風被告(24)の第3回公判が14日、さいたま地裁(松原里美裁判長)で開かれた。弁護側の請求で実施していた精神鑑定が終了。検察側は「完全責任能力が認められる」とし、弁護側は「統合失調症が影響している」として限定責任能力を主張した。

購読申し込み 携帯サイト