2017年4月2日(日)

羽田空港とさいたまのホテル間に直通バス 国際興業などが運行開始

羽田空港―ホテル直通リムジンバスの出発式で笑顔を見せる利用客とバスの運転士ら=1日午前、さいたま市浦和区の浦和ロイヤルパインズホテル正面玄関

 国際興業(東京都中央区)と東京空港交通(同)は1日、浦和ロイヤルパインズホテル(さいたま市浦和区)と羽田空港間の直通リムジンバスの運行を始めた。ホテルの利用客や今後増加が見込まれる訪日外国人客らの利便性向上を図る。ホテルと羽田空港を結ぶリムジンバスは県内初という。

 ホテル正面玄関で行われた出発式で、木部康久国際興業運輸事業部担当部長は「浦和の地に新しい拠点を設けることで、お客さまの増加や利便性の向上を図れる。2019年ラグビーワールドカップ、20年東京五輪を控え、増加が期待される利用者への対応も強化していきたい」と語った。

 最初の利用客となった川口市の会社員細川正大さん(41)は、長男正玄君(3)と乗車。「県庁や市役所にも近く、浦和の中心にあるホテルからバスが出るのは非常に便利」と笑顔を見せた。

 浦和と羽田空港間のリムジンバスは、これまでJR浦和駅を発着としていた。今後はホテル発着で浦和駅を経由する。料金は片道1540円(こども770円)、所要時間は1時間15分〜1時間50分を見込む。1日当たりホテル発は10便、空港発は14便を運行する。

 運行開始を記念して、ホテルでは割引サービスを実施。バスの乗車券や予約画面を提示すると、レストランの食事料金が10%引きとなる。スイートルームが半額になる宿泊プランも。問い合わせは、同ホテル(電話048・827・1111)へ。

購読申し込み 携帯サイト