2017年2月12日(日)

子育て負担軽減、0歳児のおむつ代無償化へ 飯能市、クーポン券支給

 飯能市は、出生から満1歳までに必要なおむつ代として、年額5万円分のクーポン券を支給する0歳児おむつ無償化事業を7月から開始する。市によると県内6自治体が同様の支援事業に取り組んでいるが、「ほかと比べ、助成額は手厚い」(子育て支援課)と説明している。

 16日開会の市議会3月定例会に事業費2355万円を計上した2017年度一般会計予算案を提案する。17年度の対象乳児は890人程度と見込んでいる。

 対象となるのは16年8月以降に生まれた0歳児のいる保護者で、子どもと一緒に同市に住民登録があり同居している家庭。クーポン券は、出生時(1万8千円分)▽4カ月健診時(1万6千円分)▽8カ月身体計測時(同)―の乳児の成長に合わせ、3回に分けて支給する。

 クーポン券で購入できる用品は(1)乳児用紙おむつ(2)布おむつ(3)おむつカバー(4)おしり拭き(5)粉ミルク。市の指定取扱店で使用でき、出生月から1歳の誕生日を迎える月の前月まで使える。事業開始以降に市内に転入した0歳児に対しても月齢に応じて月4千円分を支給する。市は「子育て負担を軽減し、若者世代の人口増加を目指したい」と話している。

 問い合わせは、同課(電話042・973・2111)へ。

購読申し込み 携帯サイト