2017年2月5日(日)

改ざんされHP閉鎖 秩父市の観光サイト、内部システムに影響なし

 秩父市は5日、同日に総務省地域情報政策室から市観光ホームページ(HP)「秩父観光なび」の一部ページが改ざんされたと連絡があり、同HPを閉鎖したと発表した。改ざんは過激派組織「イスラム国」(IS)を中傷する内容で、市は原因究明と対策を講じるまで当分の間は同HPを閉鎖する。

 市観光課によると、5日午前8時半、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から同室に秩父観光なびのウェブページで改ざんを確認したと連絡があった。午前10時に同室から市に連絡があり、市はホームページ管理会社に閉鎖を指示し、午後1時5分に閉鎖。その後、アクセス記録により午前7時25分に外部から改ざんされたと推測されると、管理会社から連絡を受けた。

 秩父観光なびは観光情報が掲載されている外部サイトで、市のHPや住民基本台帳システムなどの内部システムに影響を及ぼすものではないという。

購読申し込み 携帯サイト