2017年1月28日(土)

男性はねられ死亡 車の女「直前に点灯の給油ランプ見ていた」/行田

 27日午後9時25分ごろ、行田市持田4丁目の市道で、同市棚田町1丁目、無職飯野俊男さん(70)が乗用車にはねられ、全身を強く打って搬送先の病院で死亡が確認された。行田署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、熊谷市新堀、パート従業員の女(47)を現行犯逮捕、容疑を同致死に切り替えて調べている。

 同署によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線道路。女は事故当時「何かにぶつかって衝突音を聞いたが、だれもいない」などと自ら110番していた。飯野さんは現場から約12メートル離れた、歩道と民家の庭先の間で倒れているのが見つかり、近所の女性が119番した。

 女は「事故を起こしたことは間違いない」などと容疑を認め、直前に給油ランプが点灯しメーターを見ていたなどと供述しているという。同署が事故原因を調べている。

購読申し込み 携帯サイト