2016年9月30日(金)

創業109年、加須で手描きこいのぼりの店閉店 昭和天皇に献上も

手描きこいのぼりの「橋本弥喜智商店」が閉店。橋本隆さん(左)とスタッフが別れを惜しんだ=29日午後、加須市土手の橋本弥喜智商店
「橋本弥喜智商店」の工房で手描きこいのぼり作りに励む橋本隆さん(左)(2015年1月26日)

 こいのぼりのまち加須市にあって県内唯一の手描きこいのぼり作りで全国的に知られる「橋本弥喜智商店」(同市土手)が30日、閉店する。創業109年。3代目で県認定伝統工芸士の橋本隆さん(75)は全長100メートルのジャンボこいのぼりの製作を手掛け、技術の研さんに努めてきた。「こいのぼりに恋して作ってきたが、75歳を一つの区切りにした。技はジャンボこいのぼりに残した」と言い、ひとまずははけを置く。

購読申し込み 携帯サイト