2016年9月5日(月)

<日本学生対校陸上>男子1600リレー、ウォルシュら東洋大が初V

男子1600メートルリレー決勝 3分5秒48で初優勝を飾った東洋大のアンカー・ウォルシュ(520)が歓喜のゴール
女子200メートル決勝 24秒53で6位入賞を果たした慶大の竹内爽香(中央)

 陸上の日本学生対校選手権最終日は4日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、男子200メートルはリオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(東洋大)が20秒60で2年ぶりに勝ち、100メートルとの個人2種目制覇を10年ぶりに果たした。

購読申し込み 携帯サイト