2016年7月6日(水)

釣りの男性が溺れ死亡 落とした釣りざお、回収しに沼に入る/嵐山

 6日午前6時40分ごろ、嵐山町志賀の水境上沼で、東京都東大和市蔵敷の無職片平徳次さん(78)が溺れ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 小川署によると、片平さんは早朝からヘラブナを釣っていたが、魚に引かれて釣りざおを落とした。釣りざおを回収するため服を脱いで沼に入り、溺れたらしい。ほかの釣り人が119番した。片平さんが溺れた付近の水深は約3・2メートルだった。

購読申し込み 携帯サイト