2016年5月9日(月)

浦和・柏木が決勝ボレー、ダービー制す 大宮は好機逃し3敗目

大宮―浦和 前半44分、決勝ゴールを決めた浦和の柏木(中央)が槙野(左)、森脇から祝福を受ける=8日午後、NACK5スタジアム大宮

 明治安田J1第1ステージ第11節は8日、NACK5スタジアム大宮などで9試合が行われ、2年ぶりのさいたまダービーで浦和が大宮を1―0で下した。

 浦和は今季初の4連勝で首位を維持。大宮は7試合ぶりの3敗目となったが5位は変わらなかった。ダービーのJ1通算成績は浦和の9勝5分け7敗となった。

 浦和は前半44分、素早いリスタートから敵陣で球を奪った柏木が武藤の落としを右足ボレーシュートでたたき込んで先制した。

 試合を通してチャンスは少なかったが、相手にもほとんど好機を与えず無失点に抑えた。後半は選手交代しながら逃げ切った。

 ホームの大宮は前半23分に家長の決定機があったが惜しくもポストに阻まれた。1失点で耐えたものの、シュート2本で無得点に終わった。

 第12節第2日の14日、浦和はホームで新潟と対戦する(14時・埼玉)。大宮はアウェーで仙台と戦う(14時・ユアス)。

購読申し込み 携帯サイト