2016年4月23日(土)

<熊本地震>ゆるキャラも募金活動 はにぽん、ポテくまくん協力訴え

募金への協力を呼び掛けるはにぽん=22日午後、JR高崎線本庄駅南口
芝桜の丘で義援金を呼び掛けるポテくまくんと久喜邦康市長=22日、秩父市大宮の羊山公園

 本庄市のマスコット「はにぽん」が22日、JR高崎線本庄駅前ロータリーで、本庄市社会福祉協議会のメンバーらとともに熊本地震災害義援金の街頭募金活動を行った。市赤十字奉仕団、同協議会、市職員など延べ約20人が参加した。

 はにぽんは愛嬌(あいきょう)を振りまきながら、募金箱を持って学校帰りの学生らに接近。かわいらしい仕草で募金の協力を呼び掛けた。

 市内で保育園を経営する女性(67)は「少しでも何かできればと思って募金した。諦めず希望を持って生きてほしい」と思いを込めた。本庄高校3年の蛭川和花子さん(17)は朝の通学時、忙しくて募金ができなかった。学校帰りに協力し「(被災地の方々は)大変だと思うし、頑張ってほしい」と話していた。

 秩父市では市イメージキャラクター「ポテくまくん」が、見頃を迎えた同市大宮の羊山公園にある「芝桜の丘」で、熊本地震への復興支援として義援金の募金を呼び掛けた。

 4月から市の宣伝部長に就任したポテくまくん。久喜邦康市長と一緒に芝桜の丘の中央口付近に立ち、義援金の募金箱の前で支援を訴えた。呼び掛けに応じて、多くの観光客が次々と募金に協力。ポテくまくんは募金が投じられると、丁寧に頭を下げ、記念撮影にも気軽に応じていた。

 義援金の募金箱は芝桜の丘の中央口をはじめ、菖蒲田口や宇根口にも設置されている。

購読申し込み 携帯サイト