2016年4月9日(土)

上尾の居酒屋で4人食中毒 カンピロバクター検出、3日間の営業停止

 県は9日、上尾市小敷谷の居酒屋「鶏男」で料理を食べた男女4人が下痢、腹痛などの症状を発症し、うち2人から食虫毒の原因となるカンピロバクターが検出されたと発表した。

 県は同店に対し、同日から3日間の営業停止命令を出した。

 県食品安全課によると、3月27日、12〜47歳の男女10人のグループが同店で鶏のレバー刺しや串焼き、唐揚げなどを食べたところ、男女各2人が30日になって下痢や腹痛などの症状を発症。県鴻巣保健所が調査したところ2人からカンピロバクターが検出された。全員が快方に向かっている。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み