2016年3月25日(金)

新駅は「ソシオ流通センター駅」 秩父鉄道、17年3月に開業予定

 秩父鉄道(本社・熊谷市)の持田―熊谷駅間に来年3月開業予定の新駅の名称が「ソシオ流通センター駅」に決まった。秩父鉄道、行田市と共に新駅の整備を進めている熊谷市が24日、明らかにした。

 新駅の場所は行田市との境に位置する熊谷市戸出で、付近には熊谷流通センターがある。両市で昨秋に名称を公募したところ、214件(熊谷市120件、行田市94件)の案が寄せられた。「流通センター駅」が最多だったが、類似駅名との混同を避けるため、熊谷流通センターの愛称「ソシオ熊谷」を絡ませた。

 新駅は地元の要望を受けて設置する「請願駅」で、駅舎の建設費約1億9200万円を熊谷、行田市で折半。本年度は駅前広場などの用地買収を行い、2016年度から駅舎工事に移る。

購読申し込み 携帯サイト