2016年2月19日(金)

ドラクエ&行田の田んぼアートでギネスコラボ スクエニに市長の知人

今年の田んぼアートデザインのモチーフとなる「ドラゴンクエスト」1作目のパッケージ(©1986 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.)

 行田市小針の「古代蓮の里」東側の水田にイネで描かれた作品が昨年、世界最大の田んぼアートとしてギネス世界記録に認定された。偉業達成を受けて注目が集まる今年のデザインのテーマについて、行田市は18日、人気ゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」と発表した。

 1986年にシリーズ1作目が発売されたドラクエは、シリーズを重ねるごとに人気が高まり、社会現象を巻き起こした。今年で発売から30周年を迎え、「最も長く続いている日本のロールプレイングゲーム」などとしてギネス世界記録に認定されている。

 ドラクエシリーズを制作する「スクウェア・エニックス」社に、工藤正司行田市長の知人がいたことから、今回の話が進んだ。人気ゲームだけにハードルは高かったが、田んぼアートがギネス世界記録に認定されたことで、ギネス世界記録保持同士のコラボが実現した。

 ドラクエ1作目のパッケージが、田んぼアートのデザインのモチーフとなる。ゲームに登場する勇者、ドラゴン、スライムと市の花の古代蓮を9種類のイネで描く。

 田んぼアートの実施主体は、市や農業団体などで組織する「田んぼアート米づくり体験事業推進協議会」。同協議会会長の小林乙三市環境経済部長は「皆さんが楽しめるよう、(田んぼアートの)芸術性を追求していきたい。その第1弾が今回」と話した。

購読申し込み 携帯サイト