2016年1月26日(火)

居酒屋へしつこく勧誘、容疑の高3逮捕 店が歩合給…県警が注意喚起

 居酒屋へ勧誘するため客につきまとったとして、大宮署は25日、県迷惑行為防止条例違反(不当な客引き)の疑いで、上尾市に住む県内の私立高校3年の男子生徒(18)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は同日午後7時15分ごろ、さいたま市大宮区仲町1丁目、JR大宮駅東口近くの通称「南銀座通り」で、警戒中の警察官に「居酒屋お決まりですか」などとしつこく客引きを行った疑い。

 同署によると、男子生徒は居酒屋のアルバイトで、私服警察官2人に声を掛けた。「がっつり安くします。30秒で構いません」などと24メートルにわたり、しつこく勧誘を続けたという。

 県迷惑行為防止条例では、風俗店以外の営業行為においても、公共の場で、手や服、所持品をつかんだり、立ちふさがったり、つきまとうなどしつこく勧誘することを禁止している。

 同署によると、客引きの成果に応じて歩合給が加算されるなど、店の姿勢がしつこい勧誘の温床になっているという。高校生らが繁華街で客引き行為に雇われるケースもあり、注意を呼び掛けている。

購読申し込み 携帯サイト