2016年1月24日(日)

<高校ラグビー>慶応志木、初の決勝 深谷は7年連続/県新人大会

立教新座―慶応志木 前半16分、4トライを決めた慶応志木ナンバー8関本(中央)が突破を図る
深谷―正智深谷 前半16分、深谷のプロップ森(中央)がトライを挙げる

 (23日)

 (第3日・熊谷ラグビー場)

 準決勝を行い、慶応志木と深谷がそれぞれ勝って決勝に進出した。両校は関東高校新人大会(2月13、14、20、21日・神奈川)への出場権を獲得した。慶応志木は初。深谷は7年連続11度目。

 初の決勝進出を目指す慶応志木は26―7で立教新座に快勝。今冬の全国高校大会16強で5連覇を狙う深谷は正智深谷に73―0と圧勝した。

 最終日は30日、熊谷ラグビー場で14時半から決勝を行い、優勝校は全国高校選抜大会(3月30〜4月7日・熊谷ラグビー)の出場が内定する。

購読申し込み 携帯サイト