2016年1月20日(水)

ブラックバイトユニオンが支援 県内高校生、バイト先に団体交渉要求

「アルバイトは社会勉強の第一歩」。未払い賃金の違法性を訴える高校生=19日午後0時45分ごろ、さいたま市浦和区の県庁

 コンビニのアルバイトで労働時間の一部賃金未払いなどは違法だとして、県内の高校に通う男子高校生(18)が19日、大手コンビニチェーン「サークルKサンクス」のフランチャイズ加盟店オーナーに団体交渉を申し入れた。アルバイトの労働問題を支援する労働組合「ブラックバイトユニオン」と高校生が、さいたま市内で会見を開いた。

 同ユニオンによると、高校生は県内のコンビニでアルバイトをしている。普段は業務開始時間の20分前に入店。制服に着替え、15分前から仕事に就く。ところが店舗オーナーからは、14分前に出勤記録を打刻するよう指導されたという。賃金は15分単位で支払われ、15分未満の端数は切り捨てられる仕組み。高校生と同ユニオンは、入店してから20分間分の賃金が未払いだと訴えている。

 高校生は、高校の授業と同ユニオンの出前授業で労働法を学び、自分の働き方に疑問を持った。高校生は「アルバイトは社会勉強の第一歩。新人を使って、上の人がもうけてやろうということが僕の中では理解できなかった」と心境を打ち明けた。

 同店舗では、レジの残金に誤差が生じた場合、差額となる「違算分」を店員が補填(てん)することになっていたという。団体交渉を通じて、今後業務の改善を求める。

 アルバイトを辞める選択をせず業務の改善を求めた理由について、高校生は「仕事に慣れてきたし、周りの人間関係もすごい良好なので、続けたいと思っている」と述べた。

 サークルKサンクスを運営するユニーグループ・ホールディングス広報IR室によると、アルバイトの出勤時間を管理するシステムで、フランチャイズ加盟店は入店時間と実際の労働時間を0〜15分間調整することが可能。労働時間を「丸める」ことができるという。今回のようなケースについて担当者は「(本部の)方針とずれている」とした上で、「基本は1分単位で賃金計算するよう指導している。レジの違算分をアルバイトに負担させるようなことは指導していない」と回答した。

 フランチャイズ店オーナー男性は申し入れを受けたことを認め「ユニオン側に連絡することになっている」と明確な回答を避けた。

 同ユニオン執行委員の青木耕太郎さんは、コンビニでの賃金未払いや違算分の補填について「業界として一般的に行われている」と指摘。「多くの学生は違法行為に遭いながら、社会経験、知識不足などにより声を上げられない」と話した。

購読申し込み 携帯サイト