2016年1月4日(月)

老人ホーム入居の女性、殴り殺害した疑い 別の部屋の男逮捕/戸田

殺人容疑で逮捕された男が入居していた介護付き有料老人ホーム「サニーライフ戸田公園」=4日午後、戸田市本町2丁目

 老人ホームで別の部屋の入居者女性を殺害したとして、蕨署は4日、殺人の疑いで、戸田市本町2丁目、介護付き有料老人ホーム「サニーライフ戸田公園」に入居する無職の男(78)を逮捕した。同署によると、男は容疑を認めている。同ホームは「(男は)認知症の症状が見られた」と説明している。同署が詳しい経緯や動機、刑事責任能力などについて調べている。

 逮捕容疑は3日午後11時45分から4日午前0時ごろまでの間、同じ老人ホームに入居する無職小田みと子さん(87)の部屋で、小田さんの顔をベッドの柵で殴るなどして、殺害した疑い。

 同署によると、巡回で部屋に入った男性職員が、顔から血を流している小田さんを発見し119番した。消防が駆け付けたが、小田さんは既に意識がなく、搬送先の病院で死亡が確認された。

 小田さんは寝たきりで、職員が小田さんの部屋に入った際、車椅子の男がいた。2人の部屋は同じ建物の2階で10メートルほど離れていた。2人の間に目立ったトラブルはなかったという。

 現場は、JR戸田公園駅から北西に約400メートルの住宅街。同ホームによると、男は昨年9月に入居。これまで、別の入居者とのトラブルや暴力行為は確認されていないという。小田さんは2014年1月に入居。同ホームは2人の接点について「認識していない」としている。

 同ホームには現在、145人の高齢者が入居。各部屋に鍵が付いているが、施錠は入居者の自由で、無施錠であれば行き来は可能だという。夜間は職員5人体制で、2時間ごとに巡回していた。事件の発生前後に、小田さんの部屋に設置されている呼び出しブザーが鳴らされた形跡はなかったという。

 埼玉新聞社の取材に対し、同ホームの代表者は「被害者の方にご冥福を申し上げる。法人として捜査に全面的に協力する」と話した。

購読申し込み 携帯サイト