2015年12月23日(水)

誤ってアクセル…女子高生はねられ死亡 容疑で運転の男逮捕/浦和署

死亡事故が発生した現場。道は狭く、車道と歩道の区別がない=23日午後7時40分ごろ、さいたま市浦和区東高砂町

 23日午後2時35分ごろ、さいたま市浦和区東高砂町の市道で、同市緑区太田窪に住む公立高校1年稲垣聖菜さん(15)が乗用車にはねられた。稲垣さんは市内の病院に搬送されたが、胸を強く打っており死亡が確認された。

 浦和署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していたさいたま市浦和区東岸町、無職の男(80)を現行犯逮捕し、容疑を同過失致死に切り替えて調べている。

 同署によると現場はJR浦和駅東口の南東約230メートル、片側1車線(幅員約3・9メートル)の歩道のない道路。男は妻(73)を浦和駅へ送る途中で「ブレーキを踏もうとしたが、誤ってアクセルを踏んで人をはねてしまった」と容疑を認めている。

 男は直前で信号待ちをしていた所沢市の会社員男性(35)の乗用車の左側に接触した後、道路左側を歩いていた稲垣さんを後ろからはね、道路脇の鉄柱に衝突して止まったという。

購読申し込み 携帯サイト