2015年12月23日(水)

サルたち“ユズ湯”でポカポカ 冬至の東武動物公園、子ザルも泳ぐ

のんびりとユズ湯に浸かるサルたち=宮代町の東武動物公園

 冬至の22日、宮代町の東武動物公園で、サルたちが「ユズ湯」を楽しんだ。

 サル山のプール(縦3メートル、横2メートル)に20センチほどお湯を張り、ユズとミカンを浮かべた。お湯の温度は約40度。大人のサルは首まで浸かり、子ザルは潜って泳ぎだす。ミカンやユズの皮を器用にむき、口に放り込む子も。

 飼育係の神長正さん(35)は「ユズ湯の味を覚えたみたいで、ホースからお湯を出し始めると待ち切れずに入浴するサルもいます」。

 神奈川県藤沢市から親類5人と訪れた森旦くん(6)は「あったかくて気持ちよさそう。赤ちゃんザルはちっちゃくてかわいい」とうれしそうだった。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み