2015年11月24日(火)

アトレ浦和25日開店、県内初進出 スタバ、蔦屋書店など30店集結

南エリア「カフェ&バー プロント」には観光案内所を併設。浦和レッズのホームゲーム開催日にはユニフォームを着用するなど、街を盛り上げていくという=24日午後、JR浦和駅

 さいたま市浦和区のJR浦和駅の高架下に「アトレ」が25日オープンするのを前に、同社は24日、報道陣や関係者向けの内覧会を行った。アトレの県内進出は初めて。

 アトレ浦和は延べ床面積約7千平方メートルに、計30店舗を南エリアと北エリアに収容。毎日の生活をサポートする生活支援型のショップが集結した。

 南エリアはスーパーマーケットやベーカリー、レストランなど、食を中心とした売り場を展開している。「カフェ&バー プロント」には、浦和の地域情報を発信する観光案内所を併設。店内を自由に行き来しながら飲食と情報の提供が行われる。

 一方の北エリアはコーヒーチェーン「スターバックス」と「蔦屋書店」を併設し、くつろぎの空間を演出した。新設される「アトレ北口改札」は蔦屋書店に直結、利便性の向上が期待される。

 同社は浦和の街を紹介する情報誌「うらら」を隔月で発刊。情報誌は埼玉大学(さいたま市桜区)のフリーペーパーサークルの学生、浦和在住や浦和勤務の人を対象に募集する「地域レポーター」とともに作っていくという。

 アトレ浦和店の山田祐子グループリーダーは「日々の生活に彩りを持たせ、ライフスタイルをサポートできるような空間。地域の皆さまの良質な日常を応援していきたい」と話した。

購読申し込み 携帯サイト