2015年11月10日(火)

LINEで知り合った少年ら17人、暴走行為の疑いで逮捕/羽生署

 県警交通捜査課と羽生署の合同捜査班は9日までに、道交法違反(共同危険行為等の禁止)の疑いで、羽生市の派遣社員少年(19)=少年院送致=ら15〜20歳までの暴走族構成員17人を逮捕、さいたま市見沼区に住む高校2年の少女(16)ら3人を書類送検した。

 逮捕容疑は3月1日午前2時5分ごろ、羽生市下岩瀬の国道122号交差点で、バイク9台に分乗し、渦を巻くように走行して暴走行為を繰り返すなどした疑い。

 同課によると、男女20人は県北地域を活動拠点とする暴走族の構成員。「行田連合」と名乗っており、20人はスマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知り合っていた。構成員らの逮捕で、行田連合は解散した。

 3〜5月にかけて、県央や県北地域で、バイクに分乗して信号無視などをする暴走行為を繰り返していた。3月17日、メンバーの防水工少年(17)が窃盗容疑で逮捕され、ほかのメンバーが浮上した。

 少年らは「目立ちたかった」「人に迷惑を掛けたかった」と容疑を認めているという。

購読申し込み 携帯サイト