2015年11月7日(土)

アッピーの子は「あゆみ」 上尾でゆるキャラ同士の子ども、お披露目

アッピー(左)とまゆみちゃん(右)の2世「あゆみ」(中央)のお披露目。島村上尾市長(左から2人目)と高松本宮市長(同4人目)=上尾市民体育館

 東日本大震災の復興支援をきっかけに友好都市を結んだ上尾市と福島県本宮市のイメージキャラクター「アッピー」と「まゆみちゃん」の子どもが5日に誕生。7日に上尾市民体育館で開催された「あげお産業祭」でお披露目された。

 上尾市のアッピーと、本宮市のまゆみちゃんは昨年11月に結婚。子どもの名前は、両市から募集した総数824通の中から「あゆみ」に決定。両市がこれからも手を取り合い、未来に向かって歩んでいくことを願って選んだ。体育館前には2人の間にできた子どもを一目見ようと、大勢の家族連れらが集まった。

 あゆみは、島村穣上尾市長と高松義行本宮市長にエスコートされて登場。顔の形はアッピー、キュートなおへそはまゆみちゃん譲りの風ぼうに、会場からは「わぁーかわいい」との歓声が上がった。

 島村市長は「ゆるキャラ同士の結婚や子どもの誕生は全国初。今後は仲のいい親子3人を、できるだけ市民の前に登場させる機会を増やしていきたい」とあいさつ。高松市長も「両市が一緒になって、これからもきらめくものを作り上げていくことが地方創生につながれば」と述べた。

 会場には県のキャラクター「コバトン」や「さいたまっち」らもお祝いに駆け付けた。

購読申し込み 携帯サイト