2015年10月4日(日)

被災者に無料相談 春日部市、埼玉司法書士会が協定「専門家と連携」

協定書を手に握手する山嵜会長(右)と石川市長=春日部市役所

 埼玉司法書士会(山嵜秀美会長、会員約850人)と春日部市は「災害時における被災者等相談に関する協定」を締結した。

 協定は、市からの協力要請を受けた司法書士会のメンバーが避難所などで被災者の相続や不動産登記、成年後見などの無料相談を行うもの。

 締結式は市役所で行われ、山嵜会長と石川良三市長が協定書に署名した。石川市長は「災害が発生した時、行政だけでは対応しきれない部分もあり、専門家との迅速な連携が不可欠」。山嵜会長は「密に連絡し、顔の見える支援につなげていきたい」と述べた。

 同様の協定は4月からスタートし、県内では和光や草加、越谷、熊谷、吉川市などで結んでいる。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み