2015年9月26日(土)

<9条俳句訴訟>さいたま市は争う姿勢 原告「表現の自由に違反」

 さいたま市大宮区の三橋公民館が2014年6月、同公民館で活動する句会会員が作った俳句「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の公民館だよりへの掲載を拒否したのは、表現の自由を保障した憲法21条などに違反するとして、市を相手取って作品の公民館だよりへの掲載と、慰謝料200万円余の支払いを求めた国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が25日、さいたま地裁(野村高弘裁判長)であり、市側は争う姿勢を示した。

 句会会員の作者女性(74)が詠んだ作品は、昨年6月24日にあった句会の例会で特選となった。句会は公民館だより7月号の俳句コーナーに発表する作品として、女性の俳句を三橋公民館に提出したが、同公民館は同25日に掲載拒否を句会側に通告。掲載はこれまで、原則毎月開く例会で選ばれた一つが、そのまま採用されるのが慣例だった。同公民館を管轄する市教委は、掲載拒否の根拠を「内容が世論を二分する題材を扱っているため」としている。

 弁論で、原告の作者女性が意見陳述。「普通の市民が作った俳句、それも『九条守れ』のフレーズが問題にされるとは驚いた。公民館が俳句の内容に立ち入る権限はないはずで、許されることではないと思います」と訴えた。

 原告側弁護団は意見陳述で、俳句掲載拒否が掲載請求権の侵害に当たるだけではなく、大人の学習権や社会教育における学習の自由を侵害していることも新たに指摘。「憲法学者が『事実上の検閲』とも述べている。全国各地で政治的中立性を根拠に、国民の自由な学習、研究、発表、表現が規制され問題となっており、(俳句掲載拒否も)民主主義の根幹に関わるものだ」と重大性を強調した。

 市側は答弁書で、作品の公民館だより掲載と慰謝料の支払い請求を却下、棄却するよう主張。俳句掲載拒否の理由を「当時、政府が従前と異なる憲法9条の解釈を示し、野党側は解釈変更を強く非難していた。このような状況で、原告が詠んだ『デモ』は政府の解釈変更に反対する意思を示すものだ」とした。

購読申し込み 携帯サイト