2015年9月24日(木)

出産女児を窒息死させた疑い、母親を再逮捕 ごみ集積場に遺体/羽生

 羽生市のごみ集積所で生後間もない女児の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課と羽生署は24日、殺人の疑いで、羽生市南羽生2丁目、無職宮沢杏菜容疑者(20)=死体遺棄容疑で逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は11日午後、自宅で出産した女児の口と鼻などを覆い窒息死させた疑い。

 同課によると、女児を司法解剖した結果、死因は窒息死と判明した。宮沢容疑者は「タオルで口と鼻などふさいだ」と供述しているという。遺体は13日朝、羽生市南羽生の団地敷地内のごみ集積場で、ビニール袋に入った状態で発見された。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み