2015年9月16日(水)

<朝霞男性殺人>女優の一日署長、パレード中止 浦和署イベント自粛

 さいたま市交通防犯課は15日、秋の全国交通安全運動(21〜30日)の開始を前に、同市浦和区のさいたま市民会館うらわなどで17日に行われる「さいたま市交通安全出発式」の内容を変更する、と発表した。

 当初は同市出身のモデルで女優の入山法子さんを招いて浦和署の一日署長を委嘱し、入山さんも参加して県警音楽隊などによるパレードとJR浦和駅西口でのキャンペーンを実施予定だったが、いずれも中止。市民会館うらわで、式典のみ開かれる。

 関係者によると、入山さんの不参加と出発式の縮小は浦和署の意向。朝霞市の男性殺害事件で12日、同署地域課の巡査部長中野翔太容疑者(31)が県警に殺人容疑などで逮捕されたことを受け、不測の事態を避けるため街頭でのイベントを自粛することにしたという。

 秋の出発式は、さいたま市交通安全対策協議会と市、同署の主催で行っている。同市にゆかりのある著名人などを浦和署の一日署長に委嘱し、市民に交通安全を呼び掛けるのが恒例だった。

 市交通防犯課は「広報の効果に影響が出てしまうのは残念だが、交通事故をなくすため、やるべきことに取り組みたい」とコメント。浦和署は内容変更した理由などについて、「警察では広報していないので、詳細は控えさせていただく」としている。

購読申し込み 携帯サイト