2015年9月15日(火)

<熊谷夫婦殺人>犯人、夫婦の車持ち出したか スマホ見つからず

 14日午後6時ごろ、熊谷市見晴町の住宅で、この家に住む無職田崎稔さん(55)と妻でパート美佐枝さん(53)が2階洋間で上半身から血を流しているところを、知人女性と美佐枝さんの80代父親が発見。2人は病院に搬送されたが死亡が確認された。県警捜査1課と熊谷署は15日、殺人事件と断定し、同署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、田崎さんは妻と2人暮らし。隣接する民家に美佐枝さんの父親が住んでいる。14日午後5時ごろ、美佐枝さんの知人女性が、携帯メールで美佐枝さんから散歩の誘いを受けた。女性が美佐枝さんに返信したが返答はなかった。女性が田崎さん方を何度か訪ねたところ返事がないことを不審に思い、午後6時ごろ、美佐枝さんの父親と田崎さん方に入った。2階洋間でうつぶせで倒れている田崎さんとあおむけで倒れている美佐枝さんを発見した。

 遺体は着衣を身に付けている状態で、数カ所の刺し傷があり、床には大量の血が付着していたという。 

 捜査本部は田崎さん夫婦が14日午後5時ごろから同6時ごろまでの間に何者かに殺害されたとみている。知人女性と父親が遺体を発見した際、玄関は無施錠だった。美佐枝さんのスマートフォンが見つかっておらず、電源が入っていない状態だという。刃物とみられる凶器も見つかっていない。

 田崎さん夫婦が使用していたとみられる乗用車が、自宅からなくなっていた。15日朝、県警が田崎さん方付近の駐車場で該当する乗用車を発見。乗用車は14日夕、田崎さん方の駐車場で目撃されており、捜査本部は犯人が持ち出した可能性があるとみて捜査を進めている。

購読申し込み 携帯サイト