2015年9月8日(火)

ニャオざねとラグビー体験 熊谷でロードフェス、楕円のボールに笑顔

子どもたちとラグビーを体験するニャオざね=熊谷ラグビー場

 ラグビーを普及拡大しようと、熊谷ラグビーロードフェスティバルが、熊谷ラグビー場で行われ、大勢の来場者が紳士のスポーツの魅力を味わった。

 グラウンド間の園路などを会場に使って開催。アトラクションコーナーでは、熊谷市のマスコットキャラクター「ニャオざね」が子どもたちと一緒にラグビーを体験した。

 的に向かってボールをパスしたり、手製のポール目掛けてゴールキックを行った。チアリーディングなどのステージイベントが行われ、B級グルメも出店した。

 会場を訪れたさいたま市浦和区の丑山尊琉君(4)は、ラグビーをやるのは初めて。楕円形のボールの扱いに戸惑いながらも、笑顔でゴールキックに挑戦した。「大きくなったらラグビーの選手になりたい」と楽しそうだった。

 会場では第22回熊谷ラグビー祭りが同時開催され、地元のスクールや中高校生、40歳以上の試合などで盛り上がった。

購読申し込み 携帯サイト