2015年7月6日(月)

自民議員や公明のポスター燃える 近い距離で2件、不審火か/嵐山

 5日夜、嵐山町で民家の外壁に掲示していたポスターが燃える火災が2件相次いで発生した。いずれの現場も火の気はなく、2件は直線距離で約1・4キロと近い。小川署は不審火とみて器物損壊容疑で捜査するとともに2件の関連を調べている。

 同署によると、同日午後8時50分ごろ、同町千手堂の女性(64)方の外壁で、自民党衆院議員の政治活動ポスター1枚(縦約80センチ、横約60センチ)が燃えているのを通行中のドライバーが発見し、連絡を受けた女性が110番した。約20分後の午後9時10分ごろ、同町志賀の男性方の外壁で、公明党の政治活動のポスター1枚(同)が燃えているのを近所の男性が発見し、連絡を受けた通行人が110番した。ポスターの火はいずれも発見者らが消し止めた。

購読申し込み 携帯サイト