2015年6月8日(月)

STOP!マタハラ 連合埼玉が11、12日女性の労働電話相談

 連合埼玉(小林直哉会長)は11、12の両日、電話による「女性のための全国一斉労働相談 STOP!セクハラ・パワハラ・マタハラ」を実施する。

 全国の連合には年間約1万6000件の相談が寄せられ、女性からの相談ではセクハラ、パワハラ、嫌がらせなど差別に関するものが17・2%でトップ。最近では妊娠を理由に自主退職を強要などする「マタニティーハラスメント(マタハラ)」も問題になっている。

 連合は6月を「男女平等月間」と定め、2013年から「働く女性」をテーマに毎年、電話相談を実施している。相談は午前10時から午後7時。全国共通フリーダイヤル(0120・154・052)へ(携帯電話も可)。

購読申し込み 携帯サイト