2015年3月30日(月)

動物パレード30周年 宮代・東武動物公園で総勢17種行進

動物パレードの列に加わるガチョウの一行=宮代町の東武動物公園

 宮代町の東武動物公園で29日、「ふれあい動物パレード30周年サンキュー・ズーパレード」が行われた。例年より動物の参加を増やし、総勢17種。春休み中とあり、訪れた大勢の家族連れたちを楽しませていた。

 動物パレードは開園から3年目の1984年10月、試験的に始まった。初期のパレードは、浦島太郎や桃太郎といった昔話の主人公にふんした飼育係が園内を行進した。

 今回は30周年を記念し、当時の飼育係だったベテラン5人も昔のスタイルで登場した。

 スタート地点の「ふれあい動物の森」横の広場では、飼育係が「最も旬の動物を紹介します」とアナウンス。1月25日に誕生したホワイトタイガーの赤ちゃんが飼育係にだっこされて登場するサプライズに、観客から大きな歓声が湧き起こった。

 オープンカーを先頭に、パレードがスタート。リスザルやラマ、シロフクロウ、ガチョウなどの動物が次々と加わり、大勢の人たちが記念撮影をしていた。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み