2015年3月21日(土)

鉄博で「シンカリオン」展示 第1期、4月12日まで 

子どもたちに大人気、埼玉が基地のヒーローの新幹線変形ロボ「シンカリオン」が登場=さいたま市大宮区の鉄道博物館

 ジェイアール東日本企画など3社が原案の新キャラクター、新幹線変形ロボ「シンカリオン」が発表され、その着ぐるみの展示がさいたま市大宮区の鉄道博物館1階で始まった。

 シンカリオンは日本の安全と平和を守るため、鉄道博物館の地下にある特務機関で秘密裏に開発されたロボットという設定。日本の夢と技術が詰まった新幹線をベースに開発され、正体不明の巨大な敵に立ち向かう。

 今後、アニメ化や雑誌連載、おもちゃの発売など展開を予定。会場では鉄道博物館の地下から登場するシンカリオンがベースとなった新幹線車両E5系から変身し、空中で必殺技を繰り出すアニメーションビデオも放映されている。

 千葉県船橋市から訪れた国枝昭子さん(40)は「子どもが鉄道が大好きで来館しました。ロボットはすごいです」、長男の慶吾君(6)は「かっこいい。新幹線もロボットも乗ってみたい」と話していた。

 展示は第1期が4月12日まで、第2期が5月9日から6月14日まで。入館料のみで観覧できる。

購読申し込み 携帯サイト