2015年3月15日(日)

北陸新幹線と上野東京ライン開業記念 鉄博で企画展

 北陸新幹線と上野東京ラインの開業を記念して、さいたま市大宮区の鉄道博物館で企画展「ふたつのスタート」が14日始まった。

 同展は、北陸新幹線と上野東京ラインの開業までの歩みをパネルで掲示。北陸新幹線金沢―長野間の8駅の外観や駅のデザインイメージ、発車音を書き込んだパネルを展示している。同区間を走るE7/W7系車両の20分の1の模型なども展示している。

 上野東京ラインは、神田駅付近で採用された「重層化」と呼ばれる線路の造りを紹介。秋葉原、神田、東京駅間で、新幹線の高架の上に上野東京ラインの高架を重ねた仕組みを説明している。

 企画展は6月21日まで。東京駅の模型を使ったプロジェクションマッピングも5月10日まで上映している。

 問い合わせは、鉄道博物館(048・651・0088)へ。

購読申し込み 携帯サイト