2015年1月31日(土)

県整備計画 順大が浦和美園に病院、日保医大は幸手で申請

 県が公募した県内への大学病院整備計画の受け付けが30日締め切られ、順天堂大学(東京都文京区)と日本保健医療大学(幸手市)が計画書を提出した。今後、県が計画内容を審査し県医療審議会の意見を踏まえ、3月をめどに事業採用の是非を決定する。このうち順大は、さいたま市の浦和美園地区に医学部付属病院と医師養成の大学院を設置する計画。医師不足の解消を目指す県が昨年度から市と共同で同大学病院の誘致を進めてきた経緯があり、大学側が正式にさいたま進出を決めた。計画が採用されれば2020度内の病院完成を目指す。

購読申し込み 携帯サイト