吉元敏郎・代表取締役社長

【PR】継続的な維持管理で住宅と生活者を見守る−ナギ産業

吉元敏郎代表取締役社長
吉元敏郎代表取締役社長

 木造住宅の劣化原因で木部腐朽に次いで多いとされるのが、シロアリ被害だ。温暖化で生息地が広がり、その被害は地球規模の課題となっている。ナギ産業(さいたま市見沼区)は住宅の蟻害(ぎがい)や腐朽対策のトップランナーで、特にシロアリ駆除では国内の草分けとして知られる。継続的な住宅の維持管理で予防を徹底し、住まいと生活者を見守り続けながら、新たな技術開発で業界の生産性向上にも貢献する。

購読申し込み 携帯サイト