日立・高萩・北茨城

HITACHI・TAKAHAGI・KITAIBARAKI

変化に富んだ海岸と海産物

 茨城県の北東部に位置する日立・高萩・北茨城エリア。太平洋に面した地域の夏といえばやはり海水浴。砂浜や岩場など変化に富んだ海岸が広がる。海産物をはじめとしたグルメも楽しみたい。

ひたちの海日立市

魅力あふれる海水浴場

 日立市には伊師浜、川尻、会瀬、河原子、水木、久慈浜の6か所の海水浴場があり、毎年多くの海水浴客で賑わう。伊師浜、河原子、水木の3海水浴場は「快水浴場百選」に選ばれ、伊師浜は「日本の白浜青松100選」にも認定されている。

 海水浴場の開設は7月13日(土)から。すべての海水浴場にシャワーとトイレが設置されているほか、9時から16時までは監視員を配置して、安心して遊べる環境も整っている。
今年は、伊師浜、河原子海水浴場に、県内初となるウォータースライダーが設置される。

 なお、キャンプやBBQ、花火などの火気の使用は禁止となっている。

 久慈浜では7月13日(土)から8月18日(日)まで「アートビーチくじはま」、7月28日(日)「第62回日立港まつり」、河原子では7月14日(日)「ひたちサンドアートフェスティバル2019」、8月3日(土)「ひたち河原子花火大会」、川尻では8月3日(土)「豊浦学区夏まつり花火大会」、会瀬では8月13日(火)「第45回おおせ夏まつり」と夏のイベントが盛りだくさん。

  • 6か所とも常磐道日立中央ICから車で30分以内
  • (一社)日立市観光物産協会 0294-51-3972

第12回北茨城市民夏まつり北茨城市

みんなでつくり・みんなでおどる

 岡倉天心が想い、横山大観が描き、野口雨情が詠んだ、感動のふるさと茨城県北茨城市。8月18日(日)にJR磯原駅周辺にて、第12回北茨城市民夏まつりが開催される。祭りの最大の目玉は、北茨城市民踊りで駅西大通りを約1,000人の市民が練り歩き、フィナーレには打ち上げ花火が夏の夜空を彩る。手作りのゲームやフラガール公演など、小さなお子様からご年配の方まで楽しめる。

  • 常磐道北茨城ICから車で約5分、JR常磐線磯原駅周辺
  • 北茨城市民夏まつり実行委員会(北茨城市商工観光課内) 0293-43-1111

茨城県天心記念五浦美術館北茨城市

入江芸術の時空を超えた不思議な世界観

四季草花図(部分)2017年 丸沼芸術の森蔵

 若手アーティストとして活躍中の銅版画家・入江明日香(1980−)は手漉きの和紙に刷った銅版画をコラージュし、水彩・墨・箔・胡粉などをほどこす独自の技法を用いた繊細な表現により見る人を魅了している。7月20日(土)から9月1日(日)までの企画展「入江明日香―心より心に伝ふる花なれば―」では、時空を超えた不思議な世界観を表す代表作に加え、屏風の大作など約80点の作品により、入江芸術を余すことなく紹介する。

  • 企画展入場券 一般720円/70歳以上360円/高大生510円/小中生310円
  • 常磐道北茨城ICから車で約15分
  • 0293-46-5311
プレゼント

企画展「入江明日香−心より心に伝ふる花なれば−」の招待券を1020名に

プレゼントページへ

高萩海水浴場・高戸小浜高萩市

白浜輝く青い海

 真っ白い砂浜!透き通るような青い海!が特徴の『高萩海水浴場』。広々とした海岸は、一度訪れると何度も訪れたくなるような安心感のある場所。

 常磐道高萩ICから車で約10分、JR高萩駅から徒歩で約10分と交通アクセスも良く、毎年多くの家族連れや若者で賑わいを見せる。開設期間は、7月13日(土)〜8月18日(日)となっている。

 また、隣接する『高戸小浜』は、切り立った海食崖に挟まれた2つの入り江を持つ景勝地で「日本の渚百選」にも選ばれている。その風景は、まるで絵画のような風光明媚な海岸。

  • 常磐道高萩ICより車で約10分、JR常磐線高萩駅より徒歩で約10分
  • (一社)高萩市観光協会 0293-23-2121

PAGE TOP