いわき

IWAKI

歴史を学び、海を楽しむいわきの旅

 福島県の南端に位置し、埼玉からもアクセスしやすいいわきエリア。首長竜「フタバスズキリュウ」の化石が発掘された歴史や、常磐炭田として栄えた歴史を持ち、化石や石炭の資料が豊富に残る。海に面した東側では海水浴はもちろん、豊富な海産物が自慢の市場や水族館などが揃い、学び、食、遊びを世代を問わず楽しむことができる。

いわき市石炭・化石館いわき市

太古の世界で知的好奇心と交流

鶴ヶ城
プレゼント

「いわき市石炭・化石館 ほるる」招待券を510名に

プレゼントページへ

 常磐炭田の繁栄とともに発展したいわき市の炭鉱の歴史と、市内で発見された化石などの展示からなる「いわき市石炭・化石館 ほるる」。

 臨場感ある空間でその時代を楽しんでもらうことをコンセプトとし、模擬坑道では時代別の坑道を再現し、実際に炭鉱にいるかのような雰囲気。化石展示館では1968年に約8500年の地層から発見された化石たちがダイナミックに展示され迫力満点。

 7月20日から9月1日まで、夏のほるる特別展としてフタバスズキリュウと同時代に生き発見された「アンモナイト展」(約20種)を展示する。

  • 一般650円、中高生大学生430円、小学生320円
  • 常磐道いわき湯本ICから車で10分
  • 0246-42-3155

いわき・ら・ら・ミュウいわき市

いわきの魅力が盛りだくさん

 いわきの海の幸や特産品、名産品を取り揃える観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」。鮮度・品揃え・価格の三拍子が揃った「海鮮市場」、伝統の名産品からお土産まで豊富な品ぞろえの「ふるさと土産通り」、四季折々の新鮮な海の幸が楽しめる「海鮮グルメ通り」、太平洋を臨む抜群のロケーションの「レストラン」。4つの魅力でいわきがのすべてが楽しめる。

 7月20日、21日には「開館22周年記念祭」を開催。特別価格や特別メニューなど、全店で驚きのサービスを行うほか、楽しいイベント盛りだくさんで行われる。

  • 常磐自道いわき湯本ICから車で20分
  • 0246-92-3701

アクアマリンふくしまいわき市

海の生き物とふれあえる

 福島県の海の特徴である親潮と黒潮が出あう「潮目の海」を表現した大水槽がメイン。館内では植物も展示し、生き物が生息する環境を再現している。裸足になって生き物とふれあえる屋外施設「蛇(じゃ)の目ビーチ」や釣り場があり、子どもから大人まで楽しめる。5月にはユーラシアカワウソの赤ちゃんが誕生し、子育ての様子が見られる。

  • 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
  • 大人1800円、小中高生900円
  • 常磐自道いわき湯本ICから車で20分
  • 0246-73-2525
プレゼント

「アクアマリンふくしま」招待券を510名に

プレゼントページへ

金澤翔子美術館いわき市

書の道を歩む「金澤翔子の世界」

 ダウン症の書家で、いわき市の橋やトンネルの銘板に揮毫するなど、いわき応援大使としても活躍している金澤翔子の作品を展示した美術館。東日本大震災の被災者に寄り添う想いで書いた「共に生きる」や、希望を伝えたい気持ちを込めた「希望光」など、その力強さの中に温もりを感じる作品の数々は、見るものを圧倒する。

  • 一般800円(小学生未満は無料)
  • 常磐道いわき湯本ICから車で15分
  • 0246-89-2766
プレゼント

「金澤翔子美術館」招待券を510名に

プレゼントページへ

スパリゾートハワイアンズいわき市

常夏の空間を楽しむ温泉楽園

 日本三古泉のいわき湯本温泉の豊富な湧出量をいかした5つのテーマパークと、3つの宿泊施設からなる総合レジャー施設。世界最大の露天風呂「江戸情話 与市」や南国ムードあふれる全天候型のプールなどの施設はもちろん、映画にもなった「フラガール」のショーは必見だ。

  • 中学生以上3500円、小学生2200円、3歳以上1600円(3歳未満は無料)
  • 常磐道いわき湯本ICから車で5分
  • 0570-550-550(ナビダイヤル)

PAGE TOP