県公立入試本番を意識した「埼玉新聞模試」を実施します

平成30年7月11日

 埼玉新聞社では県内の受験生を全力で応援しようと、今年度から中学3年生を対象にした会場模試「埼玉新聞模試」を実施します。

 埼玉新聞模試では県公立高校入試に準拠した記述(論述)問題を多数導入し、同じレベルの高校を狙うライバルとの比較ができるよう英語・数学は「学校選択問題」「学力検査問題」の選択が可能に。5教科の時間割や試験時間、単元ごとの出題数や配点まで公立入試本番を意識した体裁となっています。

 第1回は11月11日(日)、第2回は平成31年1月13日(日)に県内の私立高校、大学で実施。8月1日(水)より申込を開始します。申込の流れやカリキュラム等の詳細はホームページを参照すること。本番と似た臨場感を味わいながら、記述・論述中心の問題を腕試したいという方は、奮ってご参加ください。

PAGE TOP