埼玉新聞

 

自治体への国指示権拡大、可決 参院委、野党批判「分権が後退」

  •  地方自治法改正案を可決した参院総務委=18日午前

     地方自治法改正案を可決した参院総務委=18日午前

  •  地方自治法改正案を可決した参院総務委=18日午前

 参院総務委員会は18日、大規模な災害などの非常時に、自治体に対する国の指示権を拡大する地方自治法改正案を審議した。質疑終了後に採決し、与党などの賛成多数で可決した。政府はコロナ禍での行政の混乱を踏まえ、国が迅速な対応をとれるようにする狙いだと説明するが、野党側は「地方分権を後退させる」と批判している。

もっと読む
ツイート シェア シェア