埼玉新聞

 

乱立の「防災気象情報」見直し 有識者検討会が取りまとめ

  •  防災気象情報を見直す気象庁と国交省の有識者検討会=14日午前、東京都港区

     防災気象情報を見直す気象庁と国交省の有識者検討会=14日午前、東京都港区

  •  防災気象情報を見直す気象庁と国交省の有識者検討会=14日午前、東京都港区

 災害が発生する危険性を伝える「防災気象情報」が乱立している状況を見直す気象庁と国土交通省の有識者検討会(座長・矢守克也京都大教授)は14日、大雨警報や土砂災害に関する情報について、住民避難の目安を5段階で示す大雨・洪水警戒レベルを併記した「レベル5土砂災害特別警報」などとする案をまとめた。最終的な名称案は、委員から出た意見を踏まえて座長一任とした。

もっと読む
ツイート シェア シェア