埼玉新聞

 

尖閣への安保適用「意義ある」 首相、米軍指揮下に入らず

  •  岸田文雄首相

     岸田文雄首相

  •  岸田文雄首相

 岸田文雄首相は18日の衆院本会議で、バイデン米大統領との日米首脳共同声明に沖縄県・尖閣諸島が日米安全保障条約5条の適用対象だと明記されたことに関し「日米同盟の抑止力強化に改めて強い意志が示され、非常に意義がある」と評価した。自衛隊と在日米軍の連携強化に向けた指揮・統制枠組みの見直しは、それぞれ独立した指揮系統で行動すると説明。「米軍の事実上の指揮・統制下に自衛隊が置かれることはない」と述べた。

もっと読む
ツイート シェア シェア