埼玉新聞

 

「闘いは続く」獄中から宣言 平和賞のイラン女性人権活動家

  •  10日、ノーベル平和賞の授賞式でナルゲス・モハンマディさんに代わり賞を受け取った娘キアナさん(左)と息子アリさん=オスロ(共同)

     10日、ノーベル平和賞の授賞式でナルゲス・モハンマディさんに代わり賞を受け取った娘キアナさん(左)と息子アリさん=オスロ(共同)

  •  10日、ノルウェーの首都オスロで開かれたノーベル平和賞の授賞式(共同)

     10日、ノルウェーの首都オスロで開かれたノーベル平和賞の授賞式(共同)

  •  10日、ノーベル平和賞の授賞式でナルゲス・モハンマディさんに代わり賞を受け取った娘キアナさん(左)と息子アリさん=オスロ(共同)
  •  10日、ノルウェーの首都オスロで開かれたノーベル平和賞の授賞式(共同)

 【オスロ共同】ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロで開かれた。今年の受賞者はイランの女性人権活動家ナルゲス・モハンマディさん(51)で、刑務所に収監中のため双子の子どもが代理でメダルを受け取った。モハンマディさんが寄せた「イランの若者たちが街中を、抵抗が広がる場に変えた」とのメッセージを読み上げ、今後も抑圧的な体制との「闘いは続く」と宣言した。

もっと読む
ツイート シェア シェア